包丁とまな板を買い替えました。

我が家の旧包丁は結婚当初に近所のスーパーでとりあえず買ったもの。
価格は2000円程度だったと思います。
特に問題なく使えてはいたのですが、最近野菜を切るときにややストレスを感じていまして。

で、ついに買い替えました!
買ったのはこちら。
MAC、というところの包丁。

箱を開けるとこんな感じ。
黒のオールステンレスです。

包丁の買い替えはちょっと前から検討していて、グローバルとか有名どころにしようと思っていたんです。
が、真っ黒なかっこいいボディに惹かれてこちらにしてみました。

価格はグローバルの包丁とほぼ一緒。
口コミ数は少ないのですが、刃物で有名な堺の包丁だから切れ味は問題ないだろうと。

包丁の買い替えに際して、わたしが条件にあげていたのは3点。
①日本製
②ステンレス
③刃身と柄が一体化していること
でした。

全部クリアしてるし見た目もかっこいいし、箱も高級感あるし、保証付きだし大満足です。


そしてまな板。
まな板は今回の買い替えで3代目。
最初のまな板は600円で買ったプラスチック製。
ハイターをしても汚れが取れなくなって処分しました。

そして次に買ったのはエピキュリアンのカッティングボード。
ブログにもちょこちょこ登場していました。
軽くて乾くのも早くて使いやすかったのですが、最近切った野菜をスライドさせるとまな板から黒い物(表面が削れてるのかな?)が出るようになり、それが気になり買い替えです。

で、新しく買ったのはこちら。
青森ヒバのまな板です。
エピキュリアンのまな板は木がかためなので、切った時に結構大きな音がしていましたが、今回のまな板は木が柔らかいので音が優しいです。刃当たりが良い、というのかな。

柔らかい分、傷はたくさんつきますけどね…

そして調理中に嬉しいのが余計な水分を吸ってくれるところ。
今までは、洗って軽く水を切っただけの野菜を切るとまな板の上がびしょびしょになってしまっていたんですが、
ヒバのまな板だと水分をある程度吸収してくれるからか水を拭う回数が減りました。
野菜を次から次にカットしていくときや、まな板からフライパンに野菜をスライドさせたいとき等にいい感じです。

木のまな板はお手入れが大変、と良く聞きますが、ヒバのまな板は抗菌性が高いとのことで、扱いが雑な私にも嬉しいところです。

そして乾くのが早いのもお気に入りポイント。
洗ってサッと拭いたら定位置に。
すぐに乾きます。


まな板立ては元から使っていたものです。
こちらにジャストフィットでした。
嬉しいー(´∀ ` )
3cmと厚みがあるので入るか心配だったのですがこのまま使えそうで安心です。浮かして乾かせるから衛生的だし。

まな板の大きさもコンロやコンセントに干渉しない程よいサイズです。
正方形、あんまり見ない感じがかわいいし♡
調理台も広く使えます。 
そして木のいい香りがする、というのも嬉しい点です。


新しいまな板と包丁。
せっかく買ったし少しは料理のやる気が出るといいんだけど。笑
最近どうもサボりがちです。暑いからかなー


最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキング参加中です。 

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村