FullSizeRender
先日、無印のポリプロピレンスクリューキャップ丸型弁当箱(460ml)を購入しました。

丼ものをなんかを持っていくのに良いかな、と思って買ったのですが、こちらスープにも使えるとのこと。
こんなに安いのに優秀〜。(590円)
とはいえスープについてはサーモスのスープジャーを持っているし、そんなに需要ないかな、なんて思っていたんです。

けど!
サーモスのスープジャーは、
しっかり保温してくれて、液漏れなんて絶対しない代わりに。
重いし、
洗うパーツは多いし、
食洗機は使えないし。(本体以外は使えます)
やや持っていくのを躊躇するところがありました。

特に「重さ」ね。サーモスのスープジャー+水筒を持って歩くのはなかなかの筋トレでして…笑
通勤時間立ちっぱなしで1時間近くかかるので。
もちろん帰ってから洗うのも面倒!


サーモスは保温性に重きを置いた商品だと思うのですが、
私が普段昼食を食べる場所には電子レンジがあるのです。
そのため保温出来なくても全然オッケー。
スクリューキャップ弁当箱は蓋を外せばレンジ可です。

持ち運ぶスープはだいたい前日の夕飯の残りを入れて行くんですけど、
サーモスにスープを持ち歩いていたときは、
スープを鍋のまま保存→朝再加熱→スープジャーをお湯で保温→スープを注ぐ→朝鍋を洗う…
という手順を踏んでいて、ただでさえ時間のない朝に結構なステップがあったのですが。
無印のスクリューキャップにしてからは、
夜、鍋からスクリューキャップに入れる→冷蔵庫に入れる、のみ!
鍋も夜のうちに洗えます。朝は持っていくだけ!

ちなみにスープを持っていく日のお弁当はこんな感じです。
FullSizeRender
・スクリューキャップ、
・冷凍ごはん(冷凍のまま、保冷剤がわり。スープに入れてリゾット的にすることが多いです)
・水筒(麦茶あたりを入れてます)
・コーヒー用のカップ
・ドリップパック(食堂にポットかケトルがあるので)
巾着は一応保冷タイプ。


サーモスに比べると幾分か頼りない構造やパッキンですがスープを持ち運んでみました。

ちなみに無印のパッキンとスクリューキャップはこんなかんじです。
FullSizeRender
無印のサイトから画像お借りしています。

サーモスはこんな感じ。
FullSizeRender
取説の1ページをスクショしてます。(最新の商品じゃなくて私が持っているものです。最近のはもう少しパーツが少ないのかな…?)


持ち運んだのは青梗菜とえのきのかきたまスープ。
FullSizeRender

スクリューキャップ弁当箱(460ml)にいれるとこんな感じ。
IMG_3209

そして、持ち運んだ結果…
少し漏れました。笑

もしかしたらスクリューキャップに具が詰まったりしていたのかもしれないんですけどね。
念のためビニール袋を二重にしてあったので被害はありませんでしたが、スクリューキャップを持ち運ぶ日は無防備にカバンを網棚に置いたりするのは危険かも、と思いました。

今回かきたまスープは何故か漏れてしまいましたが、
今まで、

豚キムチと豆苗のチゲ風スープや
FullSizeRender
 
鶏胸肉とたっぷりきのこのトマト煮込みや
IMG_2919

牛スネ肉の赤ワイン煮込み辺りをスクリューキャップにいれて持っていったことがあります。
IMG_3196
(トマト系ばかり!)

この3つを入れたときは一切漏れていなかったので、密閉度は充分高いと思います。
うっかりして少し漏れてしまいましたが(原因の追求はしていないけど。笑)それでもこの軽さと洗いやすさは代え難いです。
重さは無印が80gでサーモスは300g。
大騒ぎするほど差はない…かも…ですけど…。
とはいえ軽めの折り畳み傘1本分くらいの差はあります。

レンジが使える場所には無印、
使えない場所にはサーモス、
またスープジャーで保温しながら調理していくメニューなどもあるようですので、色々工夫して使い分けてみようと思います。

スープジャーさえあれば お弁当はラクチン!


最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキング参加中です。