旅行記続きです。


焼肉を食べてる途中、なんとなく腹痛を感じました。
便秘だっけ?とか、そんなに深くは考えなかったんですが、トイレに行ってみても解決せず。

ホテルでゆっくりすれば治るかな、と思い頼んだ分は一応完食して焼肉屋をあとにしまたした。

ホテル移動中、どんどん痛みを増す腹部。
ついには部屋へ歩くのも精一杯な状態に…

ホテルへ到着後は、とりあえず持参していたビオフェルミンを飲み、横になってみたものの痛みは解消されず。
もしかしたら身体が冷えてて、ガスがたまったりしてお腹が張ってるのかも?と思いお風呂に入ることにしました。
しかしお風呂に入ると今度は震えが止まらず…

なんとかお風呂を出てベッドへ入るも、どんどん悪化する症状。ついには寝返りを打つのも痛いっていう感じに。

そしてついに禁じ手#7119へ電話をしてしまいました。救急車呼んでもいいかどうか相談する、あの番号です。
以前同じような腹痛で入院したこともあったのでちょっと怖くて。
色々相談して動けないのであれば呼んだ方がいい、とのアドバイスをいただき、救急車を呼ぶことに。
そして0時頃救急病院へ搬送されてしまいました( ´;ω;`)
人生初救急車です。


病院では盲腸などを疑われレントゲンを撮ったりもしましたが、
結局急性胃腸炎の可能性が高い、とのことでした。
点滴をしてもらい、1日分の薬を出してもらい3時頃タクシーでホテルに戻りました。行きが救急車だったからね…!
点滴により歩けないほどの腹痛は結構痛いけど歩ける、くらいの腹痛になりました。
点滴ってすごいー。

原因などは未だにわからず。
旦那には移らなかったのでウィルス性ではないんじゃないかな、くらい。
お刺身などはその日もその前日も食べていなかったし、そもそもほとんど旦那と同じものを食べているので食べ物でもなさそうだし、本当に原因不明です(´・ω・`)

ホテルに戻ったあと、午前4時頃から昼過ぎまで爆睡。
ちなみに旦那は帰ったあとも、お風呂にはいったり私の荷物を片付けたり、ホテルのフロントに連絡したりと、もっと大変だった模様…。
一日長距離運転したりで疲れていただろうに文句も言わず付き添ってくれて感謝です。本当に。

目覚めたあと、かなり復活していましたが、まだ出かけられるような元気はなかったのでホテルの下にあるコンビニでお昼ごはんを買ってきてもらいました。
昼食後、少し元気になったので「夜は外出する??」なんて話もしたのですが、また睡魔に襲われ、次に起きたらもう21時でした。
弱ってるときは寝るに限りますね。

すっかり出かけられるような時間ではなくなってしまったので、夕飯は出前をとることに。
FullSizeRender
頼んだのはグーニーズというお店のスープカレーです。
22時半までデリバリーしてくれるのでやや遅い時間でも大丈夫でした。ありがたーい。
ちなみにハンバーグカレーです。胃腸炎明けなのにハンバーグカレーって…!
美味しく完食しました。


夕食後、荷物の整理などを行い、12時頃ベッドに入りました。


てなわけで、まさかの胃腸炎で旅行の一日を丸潰しにしてしまいました!
胃腸炎で色々ご迷惑をおかけしたものの、
同じ部屋に連泊中で移動の必要のない日かつ、
広い部屋で、寝室とリビングが分かれていたのは不幸中の幸いだったかも…。


札幌に3泊もしたのに札幌観光が出来なかったのはやや心残りではありますが。
札幌観光で本当なら赤れんが庁舎や、時計台、北海道大学や狸小路をウロウロする予定だったんですけどね…次回へ持ち越しです。
それと会社の人にオススメしてもらった「珈琲とサンドイッチの店 さえら」さんにも行く予定が達成できませんでした。・゚・(゚`д´゚)・゚・。 
揚げたて出来立ての具材のサンドイッチですごく美味しいと評判なんです。
食べたかったー!!

そこも含めて数年以内にリベンジしようと思います。


北海道旅行記、もう少し続きます。


最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキング参加中です。