旅行記続きです。

なんとか体調を持ち直し、6日目は小樽を目指すことに。
札幌から小樽は車で40分ほど。
なので少しゆっくり目に起きて10時頃ホテルをチェックアウトしました。


小樽に到着して始めに向かったのはここ。
IMG_2460
小樽運河クルーズ!

ガイドブックで見つけて絶対行きたい!と思った場所です。
ナイトクルーズも素敵そうだったのですが、19時までに札幌でレンタカーを返却しないといけなかったので昼の時間帯となりました。

小樽クルーズの所要時間は40分ほど。
デイクルーズは大人一人1500円、
ナイトクルーズは大人一人1800円です。

乗船場。
IMG_2465
一応ライフジャケットを着用します。
スタッフの方曰く、一度も使ったことはないそうですけど。

11時半の便に乗りました。
震災の後、ということもあるのか到着後すぐ次の便に乗船できました。

並んで大人しく待っていたのが良かったのか、一番前の席に座れました。
IMG_2472

一番前でなくても景色は充分満喫できますけど、船の先端がキレイに撮れるのは先頭ならでは。笑
IMG_2479

クルージング中は景色の良さや風の気持ち良さでテンション最高潮でした。
病み上がりとは思えないくらい…!笑
IMG_2486

橋の下をくぐるところ。
タモリ倶楽部的な情緒。
IMG_2489

とにかく景色がよくて、なんだかよくわからないけど写真が盛りだくさんです。
IMG_2496

IMG_2503

IMG_2513

IMG_2521
旦那のiPhoneもクルージングの写真だらけでした。笑

クルージング中は船頭さん(っていうのかな)が建物について色々説明してくださり、またちょいちょいギャグみたいなのと挟んでくれます。(ジャングルクルーズみたいな…?)
景色の良さとトークで40分退屈はしませんでした!

説明の中で驚いたのは(知識不足なだけなんですが)小樽にも渋沢栄一氏の倉庫があったこと!!
渋沢栄一氏のことは地元の英雄、くらいに軽く思っていたんです。(渋沢氏の出身が埼玉県深谷市。私もその近隣の埼玉県出身です。)
けど渋沢氏は明治時代に日本で5本の指に入るほどの富豪で日本の資本主義の礎を築いた人なんだそうですね。
地元の歴史として教わっていたものだとばかり思っていたら、すごい人だったのね、渋沢さん…!
渋沢栄一リスペクト!

IMG_2539
そんなわけで大満足の小樽運河クルーズでした。


旅行記もう少し?続きます。


最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキング参加中です。